027-377-4055
障害年金の無料相談はこちら

ご相談から受給までの流れ

相談に乗る女性

当事務所に障害年金のご相談いただいた場合の標準的な流れは以下のとおりです。

※ こ依頼者さまの状況により順序や必要な手続きが異なる場合があります。

お問い合わせ

疑問を持つ男女

お問い合わせ画面、またはお電話でお問い合わせください。
初診日、傷病名や主な症状、年金保険料の納付状況などの概要をお伺いします。すぐにわかる範囲で結構ですので、お気軽にお問い合わせください。
お伺いした情報から、おおよその受給の可能性をお伝えいたします。

その後、ご希望に応じて面談のお約束をします。
(まずはお問い合わせだけで構いません。無理に面談のお約束をすることはありません。ご安心ください。)

次へ

ご面談

社会保険労務士と男女が面談ご自宅近くのファミリーレストランや事務所など、ご都合の良い場所にてご面談いたします。

医師から告げられている診断名や治療の経過、日常生活の状況や就労状況について、詳しいお話をお聞きして、請求手順や見通し、請求代行をご依頼いただいた場合の報酬額などをお伝えします。

初回面談は無料です。もちろん、面談したからといって必ず契約する必要はありません。ご安心ください。

面談が困難な場合は、電話やメール、zoomなどの方法も可能です。お気軽にご希望をお伝えください。

次へ

年金加入記録の確認

年金事務所ご面談の結果、請求手続きの代行をご依頼いただく場合、まずは委任状をいただき、年金事務所にて保険料納付要件を満たしているかどうかの確認と、請求に必要な書類の取り寄せを行います。

すべてこちらで無料で行います。

次へ

ご契約

契約保険料納付要件が確認できましたら、請求手続きの代行のご依頼について、正式なご契約をいたします。契約に関してご不明な点は丁寧に説明いたしますのでご安心ください。

着手金は不要です。契約締結後、すぐに具体的な請求手続きに入ります。

次へ

受診状況等証明書の取得

書類初診の医療機関に対して、受診状況等証明書(初診日を証明するための書類)の依頼と受け取りを行います。原則として、すべてこちらで行います。

※ 証明書代はご負担ください。【目安】5,000円程度
※「初診の医療機関」と「診断書の作成医療機関」が同一である場合は省略できます

初診の時期や医療機関がはっきりしない場合や、医療機関にカルテが残っていない場合、あるいは医療機関が廃業している場合などは、調査に時間がかかる場合があります。必要に応じてカルテの開示請求を行うなどして初診の証明につなげます。

なお、医療機関によっては、代理人からの依頼を受け付けていないことがあります。その場合は、ご本人やご家族から初診の医療機関へ依頼していただくことになります。

次へ

診断書依頼文書の作成・診断書の依頼と取得

書類を作成する医師

診断書作成についての依頼文書と参考資料をご用意します。

  • 依頼文書…医療機関へ診断書作成を依頼するための文書
  • 参考資料…障害の状態を適確に反映した診断書をお医者様に作成していただくために、日常生活や就労の様子をわかりやすくまとめた文書

これらの文書をご本人やご家族から医療機関へ渡していただくことで、診断書の作成を依頼します。医療機関によって、窓口で依頼する場合や、診察時に主治医へ直接依頼する場合などがあります。

状況やご要望に応じて、依頼時の同行や、お医者様への説明にも対応いたします。
※ ただし、お医者様によっては、社労士などの第三者の同席を好まず、かえって協力を得づらくなるケースもありますので、慎重に判断します。

出来あがった診断書はこちらで受け取ります。記入漏れや間違いがないか記載内容を確認し、必要に応じて医療機関に訂正していただき、障害状態を的確に反映した診断書を取得します。

※ 診断書代はご負担ください。【目安】1枚 10,000円程度

次へ

病歴・就労状況等申立書の作成

書類を作成する女性社会保険労務士発病から初診までの経緯や、その後の状況、現在の様子など、障害の状態を審査機関に正しく伝えるための書類(病歴・就労状況等申立書)をこちらで作成します。

申立書は、ヒアリング内容やご提供いただいた資料に基づいて作成したのち、ご本人やご家族にも内容を確認していただき、ご指摘があれば修正します。

審査機関にわかりやすく伝わる表現で、診断書との整合性にも留意し、かつ診断書の内容を補足するものとなるよう、丁寧に作成いたします。

次へ

年金裁定請求書等の作成・添付書類の入手

障害年金裁定請求書

年金裁定請求書などの書類を作成し、そのほかの添付書類も準備します。住民票などの取り寄せも含めて、すべてこちらで行います。

  • 加算対象者がいない場合 … 住民票
  • 加算対象者がいる場合 … 住民票・戸籍謄本、課税証明書等(非課税証明書・所得証明)

 

※ 取り寄せに要する実費はご負担ください。

次へ

請求書類一式の提出

年金事務所

各書類の整合性を再点検したあと、請求書類一式を年金事務所へ提出します。

提出後の審査機関からの問い合わせ、追加書類の要求、その他の連絡等も当方が窓口になって対応します。

次へ

障害年金の受給決定

喜ぶ男女無事に支給が決定した場合、請求書類一式を提出してから2~4ヵ月後にご本人あてに「年金証書」が届きます。そのあとに「年金振込通知書」が届きます。

年金証書の内容のご説明、その後の流れや必要な手続きについて説明いたします。付随する手続き(国民年金保険料の免除理由該当届作成・提出など)もご要望に応じて行います。

年金が入金されましたら、報酬をお支払いください。

次へ

不当な決定だった場合

困惑する男女

万が一、不当な決定となった場合は、ご要望に応じて不服申立てをします。

※ 新たに審査請求に関するご契約および着手金が必要となります。

不服申立てをしても不支給となった場合には報酬はいただきません。

※ なお、例えば「3級の受給は決定したが2級を目指したい」といった場合は、まずは決定した金額をもとにした成果報酬をお支払いいただき、新たに審査請求に関するご契約および着手金が必要となります。

次へ

その後のサポート

電話をしながら記録する女性社会保険労務士障害年金に関してお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。
初回更新時の診断書の点検は無料で対応いたします。障害の状態が重くなったときもご相談ください。